スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ブットー暗殺・イスラエル・世界銀行

ベーナズィール・ブットー暗殺直前の写真等が公開されているが、いかにも無防備で撃ってくださいといわんばかりの様子といい、暴徒エキストラの暴れっぷりといい、犯人をアルカイダとする発表といい、猿芝居といったら猿が苦情をいうだろう筋書きで事が進んでいるようだ。わざわざ殺されに帰国した例というと、フィリピンのベニグノ・アキノが思い出されるが、あの時は狙撃の背景にマルコスがいると宣伝されて政権の崩壊につながった。しかし実際にはアメリカが糸を引いた暗殺劇であり、似たようなことが今回はパキスタンで仕掛けられた模様である。だが、ブットーを狙撃したのはアメリカというよりイスラエルの工作員だろう。

この記事を見ると、07年5月に世界銀行は、イラン-パキスタン-インドをつなぐガスパイプラインに資金を供給する準備があることを公表している。世界銀行はアメリカの支配下にあり、ブッシュがいつイラン攻撃をするかという状況があったのが夏から秋だから意外にも思えるが、これがアメリカ得意の二枚舌である。すなわち、表でイランを脅しつつ、裏では融和政策に回っていた。イラク情勢の泥沼化やブッシュ政権の世界的な人気のなさからすれば、政策転換も頷ける話ではある。だが、このアメリカの態度に強く反発していたのがイスラエルだった。

もともとアメリカはパキスタンの軍政を潰したかったが、対タリバン政策の都合からムシャラフ政権を支持し、ムシャラフも親米姿勢を取ってアメリカの腕にぶらさがった。しかしイランとのつながりを強めるパキスタンの姿勢をもアメリカが容認するとなると、イスラエルとしては黙っていられないわけだろう。そこでブットー帰国→暗殺のシナリオを書き、暴徒エキストラを仕込んで政情を悪化させ、アメリカに干渉させる状況を作ったと見られる。

ブットーは決して民主主義者ではなかったが、役割としてはミャンマーのアウンサンスーチーと同じであり、ともに民主化と称するユダヤ支配のための玉である。ブットーもアウンサンスーチーも経歴を見れば、欧米資本の育てたエージェントとわかる。ミャンマーでもアウンサンスーチー暗殺劇を演出して軍政を倒す芝居は可能だが、むしろアウンサンスーチーが仏教徒エキストラの暴動に巻き込まれないように軍政が暗殺から守っているという皮肉な状況がある。ちなみに長井さん殺害に抗議する日本人識者たちの顔ぶれを見ると、もろに国際金融資本のエージェントがおられるので、これも背景は同じ構図なのだろうかと思えてしまう。

(桃)

スポンサーサイト

2007.12.31 | | Trackback(0) | 国際

ドアは開けないと開きません

ロックしてあろうがしてなかろうが、ドアは開けなければ開きません。事故の救出の際には、ドアはロックしない方が安全だという見方もあります。ですから問題は、ドアをロックしていたかどうかではなくて、ドアをちゃんと閉めていたかどうかです。ちゃんと閉めていたのに、ドアが勝手に開いたなら、欠陥車です。警察は運転手に過失があったとして急いで逮捕しましたが、これは車のメーカーのことに世間の注意を向けないためでしょう。問題のマイクロバスが、トヨタの車であることは、報道されません。

(黒)

2007.12.28 | | Trackback(0) | 事故

人数が合わない。1人消えています・・・ 佐世保銃乱射事件

とりあえずデータだけ出しておきます。これだけではわかりにくいと思いますが、意味は時間があるときに説明します。



[資料①]-県警・市消防・ルネサンスの発表経過

長崎県警
「1人が死亡した模様」
長崎県警
「30~50歳ぐらいの男性が死亡した」
佐世保市消防局
「子供を含む5人前後が負傷した模様」
佐世保市消防局
「病院搬送者は8人で、うち1人が死亡し、1人が心肺停止状態」
ルネサンス
「来場者の9歳と10歳の女児が足に軽傷を負った」
ルネサンス
「男性マネジャーの足に流れ弾が当たり、会員の男性も背中にけが」
長崎県警
「死亡したと発表した30~50歳の男性は心肺停止状態」
ルネサンス
「1人死亡、6人が負傷。内1人は意識不明の重体」
佐世保共済病院
「心肺停止の男性は4ヶ所の銃創、腹部に20~30発の散弾」
長崎県警
「心肺停止だった男性が死亡した」


[資料②]-中国新聞'07/12/14<長崎県警などの調べによる被害者>

【死亡】
水泳インストラクター倉本舞衣さん(26)▽腹や胸に被弾した男性(30)
【負傷】
ルネサンス佐世保マネジャー久津間和仁さん(48)=足に被弾▽男性(46)=同▽女児(9)=同▽男性(39)=背中や尻に被弾▽女児(10)=足に軽傷▽別の女児(10)=けがはないがショック状態


[資料③]-産経新聞'07/12/14
他にけがをした5人は9歳と10歳の女児、48歳と46歳、39歳の男性の計5人とみられ、全員が病院へ搬送された。男性3人はいずれも脚などに撃たれた跡があるが、意識はあるという。女児らは脚などに弾がかすった傷がみられ、ショック症状を起こしている子供もいるという。


[資料④]-朝日新聞'07/12/15<長崎県警の発表による負傷者>

久津間和仁さん(48)=佐世保市折橋町▽小川圭三さん(46)=同市御船町▽中村隆志さん(39)=同市ハウステンボス町▽山口直美さん(22)=同市横尾町▽桜木悠乃さん(9)=同市保立町▽徳礼朱莉さん(10)=同市赤崎町


[資料⑤]-読売新聞'07/12/15

調べによると、重軽傷を負ったのは、クラブマネジャー久津間和仁さん(48)(同市折橋町)、会社員小川圭三さん(46)(同市御船町)、佐世保市職員中村隆志さん(39)(同市ハウステンボス町)、市立赤崎小4年徳礼朱莉(あかり)ちゃん(10)(同市赤崎町)、桜木悠乃(ゆの)ちゃん(9)(同市保立町)。このほか、別の女児(10)も精神的ショックで病院に運ばれた。

クラブマネジャー久津間和仁さん(48)(同市折橋町)、会社員小川圭三さん(46)(同市御船町)、佐世保市職員中村隆志さん(39)(同市ハウステンボス町)、市立赤崎小4年徳礼朱莉(あかり)ちゃん(10)(同市赤崎町)、桜木悠乃(ゆの)ちゃん(9)(同市保立町)が重軽傷。同クラブ従業員の女性(22)は転倒して足に軽いけが。

男は建物の外階段を上がり、正面玄関から銃を発砲しながら侵入。2階の事務室とプールサイドで乱射した。死亡した倉本さんは事務室内にいたところを襲われ、水着のまま逃げようとした際に左後方から撃たれた。藤本さんは2階ロビーで、太もも、尻、脇腹に無数の散弾を浴びた。久津間さんは太ももや脇腹などに約60発の散弾が残っており、中村さんは後頭部や背中に数発撃たれていた。

成人男性3人と女児2人の計5人が搬送された佐世保市の佐世保共済病院では、14日午後9時30分過ぎから、萩原博嗣(ひろし)診療部長(57)らが記者会見した。
萩原部長は、同病院で亡くなった佐世保市の漁業藤本勇司さん(36)が受けた散弾の数を「20発から30発」と説明していたが、具体的な数を問われると、天井を見上げ、しばらく考えた末に「数え切れないほどだった」と力なく答えた。
他の搬送者は生命に別条はないという。15日朝に改めて検査を行い、弾の摘出手術を行う。急患室前からは時折、女性の泣き叫ぶような声が聞こえていた。女児2人は搬送時、水着姿。治療中は「怖い、怖い」「寒い」とうめいていたという。


[資料⑥]-西日本新聞'07/12/15
県警によると、太ももなどを撃たれて負傷したのは女児(9つ)ら男女計6人。ショック症状などで病院に運ばれたのは女児(7つ)と母親(36)、女児(10)の3人で、いずれもけがはないという。


[資料⑦]-各種報道による被害者の搬送病院

佐世保共済病院
1.藤本勇司さん(36)-死亡
2.久津間和仁さん(48)-足に被弾
3.中村隆志さん(39)-背中や尻に被弾
4.桜木悠乃さん(9)-足に被弾
5.徳礼朱莉さん(10)-足に軽傷

佐世保総合病院
6.倉本舞衣さん-死亡

別の病院?
7.小川圭三さん(46)-足に被弾
8.山口直美さん(22)-転倒して足に軽い怪我
9.別の女児(10)-怪我はないがショック状態


[資料⑧]-朝日新聞2007年12月14日22時23分

重体の男性、4カ所に被弾 散弾銃か 佐世保銃乱射

長崎県佐世保市消防局などによると、死亡した倉本舞衣さん(26)、重体の男性(30)以外の負傷者は以下の通り。

▽女児(9) 両足の太ももに被弾▽男性(46) 足に2発被弾▽男性(48) 左足の太ももに被弾 ▽男性(39) 背中や尻に被弾▽女児(10) 左足の太ももにすり傷▽女児(9) ショックで入院

搬送先の病院の一つによると、負傷した1人は氏名不詳の30~40歳の男性で、体の4カ所に被弾している。X線検査の結果、散弾銃で撃たれたとみられる。二、三十発を超える散弾を受けた部位もあり、心肺停止状態という。そのほかこの病院には4人が搬送されているが、いずれも意識があり、生命の危険はないという。


[資料⑨]-毎日新聞2007年12月15日

佐世保市スポーツクラブで発砲事件 男女2人死亡、子供含む6人ケガ …犯人は逃走中

14日午後7時すぎ、長崎県佐世保市名切(なきり)町の会員制スポーツクラブ「ルネサンス佐世保」に散弾銃とみられる銃を持った男が押し入って銃を乱射し、胸を撃たれた同クラブの女性アルバイト従業員、倉本舞衣さん(26)が死亡、会員の藤本勇司さん(36)が死亡した
このほか女児2人も足などにけがをするなど、男女計5人が重軽傷を負った。男は現場から徒歩で逃走した。
県警佐世保署や市消防局などによると、午後7時13分ごろ、「爆発音がした」と119番があり、その後「ライフルを撃ったようだ」などと再び通報があった。消防隊員が現場に駆けつけたところ倉本さんが倒れており、救急車で佐世保市立総合病院に運んだが約40分後、死亡が確認された。 関係者によると、左脇腹を撃たれほぼ即死状態だったという。

市消防局などによると、ほかに30代の男性が腹を打たれて心肺停止状態。48歳の男性が左太もも、 39歳の男性が背中と尻に銃弾を受けて負傷。46歳の男性も散弾の破片が5、6発当たりけが。 10歳と9歳の女児がともに足に軽傷を負った。さらに別の10歳女子も病院に運ばれたが、けがはなかったという。 県警佐世保署によると、銃を撃ったのは身長170~180センチの男で、フルフェースのヘルメットにシルバーグレーのダウンジャケット姿だった。

クラブの関係者によると、倉本さんは最近、外国人につきまとわれていたという。

現場に近い菓子店によると、事件直後からスポーツクラブの利用客ら約20人がトレーニングウエアなどの姿であわてた様子で避難して、店内で待機したという。 現場は佐世保市の官庁街からほど近い中心部に位置し、公園が隣接するなど周囲は閑静な住宅街。 クラブの入る建物は4階建てで、1階にはスーパーが入店。2~4階がスポーツクラブで、 フィットネスクラブやトレーニングジム、プールなどを備えている。


【“人数が合わない。1人消えています・・・ 佐世保銃乱射事件”の続きを読む】

2007.12.20 | | Trackback(1) | 事件

「クローズアップ現代」 混乱するインフルエンザ医療

19日放映の「クローズアップ現代」
タミフルの問題で、スタジオゲストの中野貴司氏(国立病院機構三重病院医師)は、インフルエンザでの異常行動が日本人に多いと指摘した。だから「日本人に特有の体質もあるのではないか」というのだが、それはタミフルの主な市場が日本だからではないのか?

と思っていたら、司会の国広氏が「タミフルは世界で日本が7割の市場」であることを指摘し、医療現場における薬の導入の仕方に問題があるという点に触れた。ふむふむよしよし、と思っていたら、中野氏は「それはタミフルに限らず他の薬でもそうだ」という具合に話を一般化し、タミフルの問題からどんどん話が離れていって番組は終わるという流れであった。

つまり番組の脚本は、いちおうタミフルの問題点に触れながらも、その都度論点を絞らずに話を一般化し、タミフルの闇の周辺をぐるぐる回るというものだった。闇に触れられないために、せめてそのような流れにしたのかもしれないが、日本人の体質という話には呆れかえったし、視聴者を露骨に煙に巻く内容だったのは残念である。

(田)

2007.12.19 | | Trackback(0) | テレビ

真犯人は米兵でしょ?

新しい情報が出てくれば出てくるほど、真相隠しにしか見えないのが哀しいですね。
真相を出してしまったら、新テロ特措法がパーですもんね。
あなたがたのやり方はいつもそうです。
でもお天道様は見ていますよ。

(草)

2007.12.16 | | Trackback(0) | 事件

新ブログになりました

システム変更により、新ブログになりました。
旧ブログは左下リンクより閲覧できます。

蜜柑が甘い 甘いは納豆
納豆は粘る 粘るは林檎 林檎は腐る
腐るは刺身 刺身は凍る 凍るは職場 職場は白い
白いは目玉 目玉は濁る 濁るはお風呂 お風呂は赤い

赤いは狐の寝所の着物

(キ/タ)

2007.12.15 | | Trackback(0) | 覚書

«  | HOME |  »

管理人

キタ・ミキ/タケイ・ミキ

キタ・ミキ/タケイ・ミキ

Author

キタ・ミキ/タケイ・ミキ

キタ・ミキ/タケイ・ミキ/ジャクリーヌ草壁/大久保タランティーノ清/瀬戸内弱小/桃色ダイオード中村/ノーベル田中/サーヤ黒田/スティーブ/ケラチョ伊藤/ジャイアント事務方/植物老婆

ブログ内検索

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。