スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

離島管理で新法成立=尖閣、南沙も保護対象か-中国

【北京時事】中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は26日、離島の生態や資源保護を目的とした「海島(島しょ)保護法」を可決、同法は成立した。

来年3月1日に施行する。

日中が領有権を主張する東シナ海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)も保護対象になる可能性があり、同法の運用が注目されている。

また、フィリピンなどと領有権を争う南シナ海の南沙(英語名・スプラトリー)諸島なども念頭に置いているとみられ、関係国との新たな摩擦を懸念する声もある。

中国近海には面積500平方メートル以上の離島が約6900あり、うち約94%が無人島。管理主体が不明確で、無秩序な開発や採石による島の破壊が深刻なケースも多い。

[時事通信 2009/12/26-19:26]

2009.12.27 | | Trackback(0) | 国際

«  | HOME |  »

管理人

キタ・ミキ/タケイ・ミキ

キタ・ミキ/タケイ・ミキ

Author

キタ・ミキ/タケイ・ミキ

キタ・ミキ/タケイ・ミキ/ジャクリーヌ草壁/大久保タランティーノ清/瀬戸内弱小/桃色ダイオード中村/ノーベル田中/サーヤ黒田/スティーブ/ケラチョ伊藤/ジャイアント事務方/植物老婆

ブログ内検索

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。